今こそニキビを改善しましょう

 

ニキビでお悩みの方は非常に多いと思います。

特に、10歳代後半の思春期にはつきものの悩みですが、30歳代~40歳代になっても悩まれている方が多くいらっしゃいます。

まず、ニキビができてしまう仕組みについて簡単に見てみましょう。

詳しく言うと、10歳代にできる思春期ニキビと成人してからできる大人ニキビの原因は違いますが、基本的にニキビは、毛穴に汚れが溜まり、それが細菌で炎症を起こすことによってできます。

ご存知の方も多いと思いますが、アクネ菌という細菌がニキビのできる原因菌です。

続いて、ニキビを防ぐための一般的な注意事項を見ていきましょう。

まず、お肌を清潔に保つことです。

清潔に保つ基本は洗顔です。

アクネ菌対策の洗顔料がさまざまなメーカーから発売されているので、それらを使うのも有効です。

洗顔料の使い方ですが、洗浄力を十分に発揮させるためには泡立てが重要です。

しっかり泡立てた洗顔料は、洗浄力が増し、お肌にもやさしい洗顔ができます。

そして、洗顔と同じくらい重要なことが保湿です。

しっかりとした保湿を行わないと、乾燥から肌を守るために余分な皮脂が分泌してしまいます。

余分な皮脂の分泌は、そのまま毛穴の詰まりにつながってニキビの原因になってしまいます。

保湿と同様に、洗顔料も皮脂を取りすぎるものを使うと余分な皮脂の分泌につながりますので、肌質にあわせた洗顔料を使用しましょう。

乾燥しがちな方は、朝の洗顔はぬるま湯で丁寧に洗うだけでも良いです。

それだけ乾燥は大敵なのです。

ここまでご自分でできるケアですが、ニキビができやすい方は医師の診察を受けることをおすすめします。

恥ずかしいと感じてしまいがちですが、いつまでも改善しないのは余計なストレスとなり、さらに悪化してしまいます。

医師は、非常に有効な治療法を提案してくれます。

セルフケアではいつまでたっても治らなかった方が、医師から処方された飲み薬と塗り薬で治った事例は非常に多いです。

最後に、食生活です。

セルフケアや医師の治療によって治ったものの、食生活が原因であれば簡単に再発してしまいます。

避けた方が良い食べ物と積極的に摂った方が良い食べ物があります。

せっかくきれいになったお肌を保つためにも、しっかりと対策をしていきましょう。