メタボ改善をするには食生活の見直しが必要

 

50歳代になって健康診断を受診すると、メタボと呼ばれるメタボリックシンドロームと診断される方が増えてきます。

このメタボは、脳梗塞、心筋梗塞、糖尿病、高血圧など、命にかかわる重病を発症させるリスクが高まって、とても危険な状態と言えますので、早急な改善が必要になります。

そんな危険なメタボを改善するためには、まずは、食生活の見直しが必要になります。

食事の何がいけないのかといった問題点を探すことが大事になってきますので、食生活の中身をチェックしてください。

メタボの原因は内臓脂肪になりますので、内臓脂肪が溜まりやすい食事をしていないかを見ることが大事になり、同時に食べ過ぎてないかも見直さないといけません。

そして摂取するエネルギーと消費するエネルギーのバランスが崩れることによって太ったり、メタボになったりしますので基礎代謝も含めて考えていくことになります。

何故中年にメタボが多いかと言いますと、若い時は基礎代謝による消費するエネルギーが多くなりますので、若い時と同じように摂取していると、基礎代謝量が低下している中年は、徐々にエネルギーを溜め込んでしまうのです。

これらのことを認識して、1日3食のバランスの良い食事をすることを心掛けてください。

タンパク質を摂取する時でも良質なものを摂り、カルシウム、カロテン、ビタミンC、炭水化物、脂質の6つの基礎食品群のバランスを考えましょう。

それに食生活の中身だけではなく食べ方も気を付けなければなりません。

早食いやながら食いは食べ過ぎの原因となりますので、食事はしっかりと噛んで食べるようにして、腹八分目で抑えることが大事です。

その他にも食事の時間も大事となり、おやつを控えたり、夜食をしないようにしたりすることが重要で、特に夜食は基礎代謝が低下している時間なので内臓脂肪として蓄積されやすいのです。

野菜を先に食べることにより主食の食べ過ぎを抑えたり、食物繊維を多くとることによってコレステロールの体内への吸収を抑え、便通も整えてくれます。

低カロリーのものを中心にしたり、コレステロールを意識した食事にすることも重要と言えるでしょう。

このようにメタボを改善させるためには食事の中身を確認して、それを訂正してバランスの良い食事を心掛けて、食べ方なども気をつけるようにしたら改善させることができます。

そして、休日などに空き時間がある時は、ウォーキングや軽いジョギングなどの有酸素運動を積極的に行うように心掛けましょう。

有酸素運動は、内臓に蓄積した体脂肪を燃焼させる効果があります。