髪が育ちやすい頭皮環境に整える!

 

近年は、薄毛や抜け毛などの髪のお悩みを抱えている女性が増えているそうです。

更年期を迎える女性の髪のトラブルは、加齢や女性ホルモンのエストロゲンの減少などが大きな原因になりますが、20~40歳代の場合は、慢性的な睡眠不足、栄養が偏った乱れた食事、ストレス、頭皮トラブルなど、日頃の生活習慣の中に原因が潜んでいます。

これらのさまざまな要因が、毛根の奥にある毛母細胞の働きを抑制してしまうことが、薄毛、抜け毛の直接的な原因です。

ですので、この毛母細胞の働きを活性化させることが、薄毛、抜け毛を予防、改善するヘアケア対策になります。

そのためには、まずは、十分な睡眠時間を確保し、栄誉バランスのよい食事を摂り、ストレスを溜めないなど、規則正しい生活習慣を身に付けることが必要です。

そして、髪を作り、成長させるうえで必要な栄養素を毎日の食事からしっかり摂ることと、栄養素と酸素が毛母細胞にしっかりと行き渡り、髪が育ちやすい頭皮環境に整えるということが大切なヘアケア対策になります。

髪を作る材料のメインはタンパク質です。

できるだけ卵や大豆から良質なタンパク質を摂り、さらに、ミネラルとビタミンなどを摂るために緑黄色野菜や海草、小魚などを積極的に食べるようにしましょう。

しかし、これだけ食べればいい・・・ということにはならないので、栄養バランスを考え、いろいろな食品を満遍なく食べることが大切です。

そして、髪が育ちやすい環境の頭皮に整えるには、血行をよくすることです。

頭皮の血行をよくするには、シャンプー後にマッサージをしたり、育毛剤を使用したりするのが有効です。

現在、市販されている育毛剤のほとんどは、頭皮の血行を促進する目的の成分が配合されていますので、継続しての使用をオススメします。

ただし、スーパーやドラッグストアーなどで数多く市販されている育毛剤やシャンプー剤の中には、頭皮に強いダメージを与えて、頭皮環境を悪化させてしまう成分が含まれている場合があるので、しっかりと成分チェックしなければなりません。

特に、安価で売られているシャンプー剤のほとんどは、洗浄成分に合成界面活性剤が使われています。

この合成界面活性剤は、洗浄力は高いですが頭皮への刺激が強いため、皮膚の弱い人はトラブルを起こす恐れがあります。

また、育毛剤にも頭皮にダメージを与えてしまう成分が含まれていることもあるので、基本的に、無添加と謳っている育毛剤(花蘭咲)を使用するようにしましょう。

シャンプー剤は、洗浄力は弱いですがアミノ酸系が低刺激で安心です。