カテゴリー別アーカイブ: スキンケア

乾燥肌の場合の対策やスキンケア

 

肌が乾燥し、肌荒れしやすい方は、乾燥肌の可能性があります。

乾燥肌の場合には、外部からの刺激に弱く、肌荒れや炎症を起こしやすい傾向があるため、日頃から、対策をすることも大切です。

肌の状態を清潔に保つことも大切ですが、生活習慣や食生活を改善して、肌の状態をよりよい状態にすることも大切です。

夜更かしして寝不足が続くような不規則な生活やストレスの溜まり易い生活環境、また、運動不足なども肌に対してあまりいい影響をあたえません。

規則正しい生活を送り、ストレスなども、できるだけ発散や軽減できるように、生活環境を改善していくことも重要です。

ちなみに、夜10時~深夜2時は肌のゴールデンタイムと呼ばれ、最も活発に肌が再生される時間帯なので、この時間内に熟睡できるような生活リズムを作りましょう。

また、血流が悪化してしまうと、肌に栄養がうまく送られないこともあるので、適度な運動をして運動不足を解消し、代謝機能の向上、血流の改善をしていきましょう。

食生活では、肌の栄養が不足しないように、栄養バランスのとれた食生活を心がけていきましょう。

また、乾燥肌の場合には、スキンケアも重要です。

洗顔で肌に付着した汚れや汗、余分な皮脂などを洗い流し、肌を清潔な状態に保ちましょう。

洗顔時には、肌に対して刺激が強い場合には、洗顔料などの使用は控えることも大切です。

スキンケアとして、化粧品に関しても、自分の肌にあった化粧品を選ぶことも重要なポイントといえるでしょう。

肌にあわないものや、肌に対して刺激が強すぎるものを使ってしまうと、肌に対してダメージになり、肌荒れや肌に赤みなどがでてしまうこともあります。

そのような状態にならないためにも、乾燥肌の場合には、それにあった低刺激な化粧品を選ぶことも大切です。

また、肌の状態が乾燥しやすいならば、肌の保湿をしっかりと行うことが大切です。

セラミド配合の化粧品は、保湿にすぐれているため、乾燥肌の場合には、セラミド配合のものを試してみるのもいいでしょう。

乾燥肌だから肌がきれいにならないと諦めずに、日々の地道なスキンケアが自分の肌を改善し、またきれいな状態を保つことにつながるでしょう。

 

 

気になる肌のシワの原因と対処法

 

肌のシワの原因になるものは沢山あります。

まず代表的なものは、加齢です。

加齢によって肌の弾力が失われ、たるみによってたわんだ皮膚がシワを作り出します。

これは筋肉量の低下が大きな原因なので、例えば口回りならなるべく口角をあげる癖をつけたり、舌の運動なども大切です。

また、つきすぎた頬の脂肪はより皮膚への負担を増加させて、シワの原因となるので、健康的な体重を保つ努力も必要です。

次に乾燥です。

冷暖房の激しい環境や、紫外線、過度な化粧や荒いクレンジングによるダメージは肌を乾燥させ、俗にいう「ちりめんジワ」のもとになります。

特に紫外線によるダメージは想像以上に過酷です。

一年を通して気候や肌に合った日焼け止めを使用するようにしたほうがいいでしょう。

しかし、浅いシワは対処もしやすいです。

たっぷりの泡とぬるま湯での適切な洗顔、洗顔・入浴後5分以内に保湿をしっかりおこなうこと、クレンジングをマイルドなものに変えることなどで改善していきます。

加齢による水分保持能力の衰えからくる小ジワには、セラミドやビタミンC・ビタミンA誘導体の配合された化粧水や保湿クリームが有効といわれています。

最後は表情の癖による、表情ジワです。

表情豊かな方は非常に魅力的ですが、なかにはシワのもとになってしまうものもあるので注意が必要です。

特に、笑うときに鼻の付け根にくしゃっと力を入れる方は、目元や鼻筋にシワ癖がつきやすいです。

鏡の前でいつも笑っている顔を再現して自分の癖をチェックし、気づいた時にゆるめるようにしてみましょう。

夜のケアの時に優しくクリームなどでシワができやすい箇所を広げるようになでるのも効果的です。

眉間にシワを寄せるような不機嫌シワは、スマホやPCを見ているときになっている方が多いので気を付けてみましょう。

シワへの対処はまず紫外線対策と保湿です。

日常のケアにくわえて、特に肌の疲労が気になる時には美容成分の入った食物やサプリメント、ドリンクなども併用してみてもいいかもしれません。

一年中美しい、つやつや肌を目指しましょう。