カテゴリー別アーカイブ: ダイエット

太る原因は基礎代謝量の低下

 

40歳を過ぎた頃から、「若い頃と食べる量は変わらないのに少しつづ体重が増えてきた・・・」と感じている方は多いのではないでしょうか。

その大きな原因は、基礎代謝量の低下にあります。

基礎代謝とは、人が生きていく上で最低限必要なエネルギー代謝のことで、呼吸をしたり、心臓や内臓を働かせたり、体温を維持したりなど、生命を保つために使われるエネルギーです。

この基礎代謝に対して、運動や仕事など、さまざまな日常的作業で体を動かした時に消費されるエネルギー消費を活動代謝と言います。

そして、1日の総消費カロリーの約60~70%を基礎代謝が占め、かなりの運動量がある人でも基本的には活動代謝が基礎代謝を上回ることはありません。

例えば、1日の総消費量が2000キロカロリーの人なら、そのうちの1200~1400キロカロリーは基礎代謝に相当します。

また、基礎代謝は、何もしないでじっとしていたり、寝ている時でも常に消費されています。

もし、ダイエットを志そうとするなら、この基礎代謝量を高めれば自然と1日の総消費カロリーがアップして、痩せやすい状態になり、無理なくダイエットがスムーズに行われるというわけです。

それなら、どうすれば基礎代謝量を高めることができるのでしょうか?

体重が重い人は基礎代謝量も高いのですが、実は、筋肉の量と基礎代謝量は比例関係にあります。

ようするに、体の中で最も多く基礎代謝として消費される部分は、筋肉というわけです。

ですので、筋力トレーニングなどの無酸素運動で筋肉を鍛えて筋肉量を増やせば、自然と基礎代謝量が高まります。

しかし、40歳代になって、これと言った運動を何もしていないと、筋肉量は老化の影響でどんどん減少してしまいます。

当然、これに伴って基礎代謝量も低下します。

これが、40歳を過ぎた頃から、食事量は変わらないのに太ってしまう原因です。

老化による筋肉量の減少から基礎代謝量が低下して、1日あたりの総消費量も低下しているのです。

それにもかかわらず、若い頃と同じ量の食事を摂っていると、当然、過食状態となって徐々に太ってしまうわけです。

40歳を過ぎた頃から徐々に体重が増えてきた・・・と、感じている方は、まずは、筋肉を鍛えるトレーニングを始めましょう!

しかし、大幅に食事量を減らす無理な食事制限だけで体重を減らそうとすると、脂肪より筋肉のほうが多く消費されてしまい、その結果、基礎代謝量の低下につながるので十分に注意して下さい。